プロミスの審査に落ちない為には?

プロミスの審査に落ちない為に必要なこと

日常生活をより豊かなものへとする為に最適なプロミス!

まずSMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは、日本の消費者金融業者であり三井住友ファイナンシャルグループの完全子会社です。
そして、プロミスとは旧社名でありサービスブランドです。

 

プロミスで始めて借り入れ申し込みをするにあたって、審査の合否などに関して不安感を抱いている方が多くいらっしゃる事でしょう。
審査を無事に通過する為に、プロミスが定めている審査基準を良く理解すると同時に幾つかの条件を満たしておく必要があります。
また、念の為にきちんとした事前準備を行っておくことにより不安の軽減にも繋がります。

 

一つ目は、年齢に関してです。
満20歳から69歳の方が対象となります。

 

二つ目は、収入に関してです。
アルバイト業やパート業や派遣社員や自営業であっても、お申込みが可能です。
要するに、特に勤務形態は問わず定期的な安定した収入があれば基本的にはどなたでも対象となります。
また、学生や兼業主婦に関してですが例えばパート業などをしている場合は勤務先にて在籍確認が取れれば原則として自己申告の収入に3分の1までであればキャッシングが可能になります。

 

三つ目は、提出書類に関してです。
まず、住所や氏名や生年月日が記載されている公的証明書が必須となります。
会員証などは認められておらず、区役所や市役所などの公的機関が発行する戸籍に基づいた身分証明書である必要があります。
また、公的書類の具体例を挙げますと運転免許証や健康保険証やパスポートの他にも借り入れ総額によっては収入証明書や確定申告書を提出する必要があります。
パスポートに関してですが、特別永住者証明書や法令から有効とされる期間内に限り外国人登録証明書も可能となります。

 

氏名や生年月日の必要性に関してですが、これらの情報を元に信用情報機関に問い合わせをする事によって利用者が現時点で他社へ借り入れをしている金額や過去の債務整理の経験の有無や例えば返済の滞納など過去の金融事故の有無に関する内容を把握する事が出来るからです。

 

住所の必要性に関しては、返済が滞ってしまった際に督促状を出す為や返済が不可能となってしまった際に民事で提訴をし返済請求をする為です。
因に、例えば免許証の住所の書き換えを忘れてしまった場合は証明書に記載されている住所と現住所が異なってしまいますが現住所の確認の意味で免許証と併せて例えば住民税などの領収書を提出すれば問題ありません。

 

住民税の領収書以外にも具体例を挙げますと、納税証明書や住民票の写しや公共料金の領収書や社会保険料の領収書があります。
また、其々発行日から半年以内のものに限りますのでご注意下さい。

 

プロミスから50万円を超える金額を借り入れする場合やプロミスを含めた複数の金融業者から100万円を超える金額を借り入れする場合には併せて収入の公的証明書の提出が必要になりま
収入の公的証明書の具体例を挙げますと、最新の確定申告書や源泉徴収票の他にも1年間の賞与明細書と直近2ヵ月の給与明細書の提出が必要になります。
また、賞与が無い場合に関しては直近2ヵ月の給与明細書のみでも可能です。

 

自営業をされている方に関してですが、確定申告書や給与明細書を提出できない場合は課税証明書が年収の証明書になります。
因に、発行する際に必要な書類は行政により多少異なりますが基本的には役所に印鑑証明書や身分証明書を持参し所定の手数料を支払えば可能です。
また、手数料も行政により多少異なりますのでどちらも事前に確認しておくと良いでしょう。

 

毎年4月から6月は前々年の課税証明書のみが発行される為、証明書として認めてもらえない可能性もありますので充分にご注意下さい。

 

その他にも、勤続年数や家族構成や居住形態や年数以外にも加入保険種別なども審査項目に含まれています。
例えば、家族構成に関しては未婚者よりも既婚者であったり居住形態に関しては賃貸よりも持家である方が審査に有利に働く可能性が高いと言えます。

 

次に、プロミスにお申込みをする方法が幾つかあるのですが中にはご自身に合う方法を探せずにお悩みの方がいらっしゃる事でしょう。
そういった方でも、簡単に出来るお申し込み方法がありますのでご紹介致します。

 

その一つ目は、インターネットからのお申込み方法です。
簡単操作ですし、お手元のスマホやパソコンとネット環境さえあればアクセス可能なので誰でも気軽にご利用頂けます。
また、無事に審査を通過できるか否かを予めシュミレーション出来るので非常に心強い味方になる事でしょう。
そして、審査に合格された場合はそのままお手続きに入ることが出来ます。
ネットだけで全てのお手続きを完了する事も可能でありその分時間短縮に繋がりますので、例えば小さなお子様がいらっしゃる主婦の方やサラリーマンの方など中々時間にゆとりを持てない方でも安心してご利用頂けます。

 

ネット審査のお申込みに関しては受付時間が年中無休となっており、自動審査は9時から21時までとなっています。
審査の回答には多少の時間制限があり時間外になってしまうと翌営業日を待つ必要性が出てきますのでご注意下さい。
しかし、充分とも言える時間設定がされていますし何時でも何処でもご自身のご都合に合わせてお申込みを行えるのというのは非常に便利でありネット特有のメリットと言えるでしょう。
お急ぎの場合は、念の為できるだけ早めに申し込みフォームからお申込みをしておくと良いでしょう。
また、正式な契約額に関する通知を最短30分で受け取ることが出来ます。

 

そして、プロミス特有のメリットを幾つかご紹介致します。
その一つ目は、お金を借りた当日から30日間までなんと無利息でのご利用が可能というサービスがあるという点です。
こちらのサービスを受けるには、幾つかの条件がありますのでご注意下さい。
それは、プロミスを始めてご利用される方に向けてのサービスであると言う事です。
また、30日以内にポイントサービスにお申込み頂く必要があります。
この際に、メールアドレスが必要となります。
登録を無料で行うことが出来ますし、貯まったポイントを利息の代わりにしたりATMで使用できますので非常に便利でお得です。
追加でお申込みをされた場合は、初めての利用日から30日以内に返済する事が重要です。

 

二つ目は、31日以降であってもポイントサービスを有効活用する事により何度でも無利息でキャッシングが可能であるという点です。
特に利息に対して不安感を抱いている方にとって、非常に心強い味方となるサービスでしょう。

 

三つ目は、瞬フリを利用する事によって24時間365日いつでも銀行振り込みで融資が可能であるという点です。
瞬フリとは、その名の通り瞬時に銀行口座に振り込みをして貰えるというサービスであり受付完了からなんと最短10秒で振り込みが完了します。
瞬フリをご利用頂く為には幾つかの条件があるのですが、その一つとしてご自身の銀行口座がジャパンネット銀行か又は三井住友銀行になっている必要があります。
他の銀行口座からでもご利用が可能ですが、平日の場合9時から14時50分までという縛りがありそれ以外の時間帯でご利用されますと翌営業日の9時半頃の振り込みとなりますので特にお急ぎの場合や瞬フリを有効活用するには上記のどちらかの銀行に口座をお持ちになった方が良いでしょう。
また、振り込み手数料が掛かりませんしネットや店頭窓口にて簡単にお手続きが完了します。

 

四つ目は、土日だけに限らず祝日でも即日融資が可能であるという点です。
特に週末は、家族サービスなど何かとお金が掛かってしまう可能性が高いという方が非常に多くいらっしゃる事でしょう。
そんな時に便利且つ安心してご利用頂けるのが、プロミスの土日に限らず祝日までも即日融資が可能なサービスです。

 

五つ目は、自動契約機のレディースキャッシングが有るという点です。
レディースキャッシングとは、安心してご利用頂ける女性専用のキャッシングの事であり非常に高い支持を集めています。
レディースキャッシングへお申込み頂く為の方法の一つとして自動契約機があります。
各店舗や共同のATMコーナー等に設置されている自動契約機からお申込み可能です。
直接足をお運び頂く必要はありますが、人に会う必要がありません。

 

六つ目は、給与明細書や社会保険証の提出を行えば在籍確認の電話が不要であるという点です。
要するに、在籍確認の代わりとなる書類の提出を行う事により回避できると言う訳です。
基本的にはプロミスも在籍確認を優先しますので、例えば職場の事情などを伝えた上で在籍確認に関する希望を直接伝えておく事が大切です。

 

この様に、プロミスには非常に多くのメリットが存在しますので少しでも多く有効活用する為にもご自身に合った方法を良くご検討された上でのご利用をお勧め致します。